タダマン・セフレ体験談

実の兄と近親相姦していた女

投稿日:

出会い系サイトの掲示板で「わたしは普通のセックスでは満足できないダメな女です。長年付き合っている彼がいるのに、結婚も約束しているのに、その彼とのセックスだけじゃ満足ができません。でも、その彼のことは大好きだし結婚もしたいので、後腐れなくその日限りの関係を理解してくれる人がいたらメールください」という、なんともアグレッシブルな書き込みをしている女性を見つけました。
遠まわしな援助の書き込みかと思ったので、一応「その日限りの関係というのは割り切りとか援助ってことですか?」と尋ねたら、援助でなく純粋にセフレ募集だという返事が来たので会ってみることにしました。
ホテルに入りエッチする前に色々話を聞いていると、自分はバツ2で、今は彼氏がいてその彼と近々結婚することを話してくれました。そしてどうやら彼女の話では、昔経験したセックスが刺激的過ぎて、それを超えるエッチを体が求めているそうです。
そのセックスの体験を聞かせてもらうことにしました。それは彼女が高校生の時、今からちょうど10年くらい前の話だそうです。当時スタービーチという無料のSNSサイトが流行っていて、それを使って援助交際をしていたそうです。しかし、お風呂に入っている隙にその携帯を兄がみてしまい、援助交際していることを知られてしまった。そして兄はそれをネタにほぼ毎週、親がいない土曜と日曜の昼間にセックスを強要してきたらしく、兄が大学進学するまで1年以上も兄と何度もセックスをし、写真にも撮られ、家族のビデオカメラでも撮影されたとのこと。
当時彼女はそれが死ぬほど嫌だったらしいのですが、その後どんな男性とセックスしても、あの時のような羞恥心や気持ちの高揚を味わうことはないということに気付いてしまったそうです。
私はこの話を聞きながら彼女とセックスしました。たぶん私も話を聞いて興奮したのでしょう。普通なら1回発射するとダメになるのですが、この日は3発も続けてしてしまいました。最後に彼女に「お兄さんとはその時以来セックスしていないの?」と質問すると、「してない。だけどもし今また求められたらすると思う」と答えました。

-タダマン・セフレ体験談

error: Content is protected !!

Copyright© 出会い系リアル体験談 出会いログ , 2018 All Rights Reserved.