タダマン・セフレ体験談

SM系パートナーを探してたら・・・

投稿日:

出会い系でSM系のパートナーを募集していた時の話です。1人の女性と会う約束をして、待ち合わせ場所に行きました。近所のスーパーの駐車場で待ち合わせをしたこともあり、相手の車種を聞いておきました。聞いていた車種を発見したので、声をかけようと車を隣に止めました。そして、相手の顔を見た瞬間ビックリしました。なんと、リアルの友達だったのです。ちょっとした顔見知りとか仕事で何度か顔を合わせたくらいではなく、かなり仲の良い友達だったのです(汗)
もちろん、お互い気まずい雰囲気になったのは言うまでもありません・・・。
とりあえず彼女の名前はサキちゃんとしておきます。サキちゃんは俺よりも3つ年下で10年以上の付き合いがあります。どんな友達かというと、最初は俺の男友達の知人だったけど、仲間内でしたBBQの時に来ていて知り合いになりました。それから話が合ったことや、当時サキちゃんが付き合っていたのが俺の友人だったことで、色々恋愛相談に乗ってあげているうちに仲良くなった女性です。サキちゃんとは何度も2人で食事に行ったり、買い物に行ったりもする仲です。もちろんお互いが出会い系サイトをしているなんて知りませんでしたし、ましてやSMパートナーとして会っているのが非常に気まずいです。
それと一応いっておきますが、サキちゃんとこれまでセックスをしたことは一度もありませんし、キスや手を繋いだこともありません。本当に純粋な女友達という関係です。
とりあえず俺の車に乗せて話をすることになりました。そして話しあって出た答えが「このままバイバイすると、次に連絡を取ることに躊躇してしまう。だったら思い切って一度だけ、SMじゃなくて普通のエッチをしてみようか」という内容でした。
そのままホテルにいきセックスをしたのですが、俺は本当のことをいうと、めちゃくちゃ興奮してしまいました。あまりの興奮に理性を失い、どうしてもサキちゃんを縛りたい願望が強くなり、結局はSMプレイをすることになりました。サキちゃんも同じ気持ちだったらしく、何も言わずに縛られてくれましたし、その後もプレイも卑猥な言葉などを言わせたりしましたが、最後には「今までで一番感じた」と言ってくれました。

-タダマン・セフレ体験談

error: Content is protected !!

Copyright© 出会い系リアル体験談 出会いログ , 2018 All Rights Reserved.